実印は法的にも効力が高く重要な取引に対して用いられます

サイトマップ

印鑑作成

実印や捺印について

人生の重要な場面では必ずといってよいほど使われる実印を買うなら店舗まで足を運ぶのもよいですが、いまでは通販なども人気となっているので、そちらを活用するのもよいかと思います。お値段もお手頃なので、非常におすすめですよ。

実印とは捺印や認印と違って法的にも効力が高く重要な取引に対して用いられる事があります。その為、使用頻度が低いです。不動産での土地やマンション一軒家など大きな買い物をする時に使用をする事があります。
実印を作るのは簡単な事であり一般的な印鑑でも実印として使用が出来ます。自分で実印登録をすれば100円ショップで購入した印鑑でも実印となります。管轄の区役所及び市役所にて印鑑登録をする事が出来て手続きをする時間もそんなに掛かる事はありません。窓口で健康保険証や免許証など身分を証明する物が必要となりますが手数料は500円以内で手続きをする事が出来ます。
実印にある書体にも色々とあり人によって書体が違いますが実印に適している書体が人気が高いです。篆書体:実印としても使える書体ですが、それ以外に認印や銀行員にも使われております。古印書体:篆書体を元に作られた書体にて独特なデザインで人気があります。
男女とも印鑑書体の選び方にも違いがあります。男性は古風で威厳のある様な篆書体や古印書体に人気があります。女性は、どちらかと言うと読みやすさを重視している人が多いイメージで隷書体を使っている人をよく見掛けます。素材によっても金額が違い水牛など角で出来た素材は高級で人気が高くメンテナンスが必要とされます。近頃ではチタンで出来た素材があり高級である上に強度がありメンテナンスも掛からず総合的に性能が良いです。

他と違う個性的な実印2選

今は実印にもいろいろな種類があります。そこで珍しい実印を紹介します。
・ヒノキの香りがする印鑑
印材にヒノキを利用していて新緑の香りを放つ印鑑があります。ヒノキは私達の生活の中で広く利用されています。精油や石鹸、入浴剤などの日用雑貨にも使用されるものです。細かい年輪が綺麗で、独特な香りを発散する木材です。日本では長く愛されてきました。ヒノキを使用している印鑑もやはり、ヒノキ特有の臭いを放ちます。印鑑から自然を感じ取る事ができるほっとする癒しの実印です。またヒノキの木目は風格があり風情も感じられます。ほとんどのお店では島根県産の天然素材を利用し、間伐で採取したもの、もしくは端材を素材として使うので、エコ的な印鑑です。
・キャップと朱肉が一体型のダルマ印
ここで説明するダルマ印とは印影にダルマのイラストが彫られているものではありません。横から見た時に、一見するとダルマのような形にも見えるものを言います。この印鑑が珍しいのは、上から印材本体、キャップ、朱肉入れとすべてがセットになり、一体化している点です。これが古くの時代江戸時代の中期から、昭和初期ぐらいには一般的な形でした。今では骨董品扱いされています。人と趣向が違う実印を持ちたい人は、ここに挙げた印鑑も検討してみてはいかがでしょうか。

実印を作るタミングはいつ頃?

実印の存在を知っていても実印そのものを持っていない人もいます。しかし、いつ実印が必要になるか分かりません。いざという時に慌てる事がないように作っておきたいもの。でも、どのタイミングで作ると良いのでしょう。
例えば印鑑登録などは認め印などでも登録できる事から、実印を作らなかった人もいますね。実際、強い法的効力を持つ実印を使用する事はあまり多くはありません。ですから、相続の問題などの時に今更のように、実印を作るという人もいます。ですが、実印は一生ものの大事なハンコです。それにいつかは必要になります。ですから実印は作りましょう。そのタイミングとしては大学を卒業した時とか、20歳になった時などの節目の時期に作ると良いでしょう。ちなみに女性の場合ですと、結婚する前はフルネームを入れずに、名前だけで実印を作る人も少なくありません。理由は女性の場合だと結婚すると姓が変化するケースが多いからです。
さて実印を作る主なタイミングとしては、基本的には高校や大学を卒業した時や、成人になった時、結婚した時などです。しかし、社会人になり会社を辞めて起業した時なども、人生のターニングポイントになり新たに実印を作るのもいいタイミングです。印鑑の種類により運気が違うと言われますから、気になる人は縁起がいいものを買うといいでしょう。

Copyright © 2016 実印は法的にも効力が高く重要な取引に対して用いられます All Rights Reserved.