実印は法的にも効力が高く重要な取引に対して用いられます

サイトマップ

印鑑作成

実印は複数登録はできるのか?

実印の事を普段考える事が少ない人も多いですね。それゆえ実印のシステムについてはよく理解できていない人も少なくありません。例えば実印は複数登録できるのでしょうか?これに即答できない人もいますね。答えは基本的には1人1つです。そして法人ですと複数登録できます。
・基本的には1人1つ
印鑑をたくさん持っていて、それらを全て実印登録したい時には、実印の複数登録をする事はできるのか?印鑑登録というのは、個人が持っている印鑑を、その個人のものとして、公に証明するために登録をする制度なのです。単に言うなれば名前と同じように、1人1つが基本です。したがっていくら印鑑をたくさん所持していても、それを個人の印鑑としては全ては登録できません。1人あたり1つの実印、印鑑登録になります。
・法人なら複数登録できる
基本的には会社には代表者印は1つです。ですから代表者1人に対して代表者印は1つであるのが一般的です。しかし、例外もあります。それは社内事情により、代表者が1人ではない時です。このような場合には複数いる代表者のそれぞれが、別の代表者印を登録して、それぞれが実印を所有する事になります。
会社の代表者でもない限り、普通は実印は1人で1つという事を覚えておきましょう。

Copyright © 2016 実印は法的にも効力が高く重要な取引に対して用いられます All Rights Reserved.